SNOOZE LOG

iOS中心のプログラミング関連技術メモ


スポンサードリンク

Swiftで、class、staticキーワードの使い分けについて

Swiftで、class、static両者をどういったシーンで使いわけるか。

静的なアクセスを提供

いずれも使用することで静的にアクセス可能な変数/メソッドの宣言ができます。

// インスタンス化せずアクセスできる。静的な変数・メソッド。定数、ユーティリティメソッドの宣言に使用されることが多いと思います。
Some.somePropery
Some.someMethod()

classとstaticメンバは相互呼び出しが可能で、その性質からいずれも静的にアクセスやデータが確保されていることがわかります。 機能の違いについては、こちらの記事が参考になります。

【Swift】classとstaticの挙動の違いを整理する - Qiita

どんな時に使えるか

staticキーワード

(1)enum、struct、classで「静的なプロパティ」「静的なメソッド」を宣言したい場合に使える。
(2)宣言したもののoverrideは出来ない。

classキーワード

(1)classで「静的なプロパティ(Computed Propertyのみ)」「静的なメソッド」を宣言したい場合に使える。enum、structでは使えない。
(2)finalと合わせて、宣言したもののoverrideの可否が制御出来る。

どう使い分けるか

ベースクラスにおけるstatic funcと、final class funcは機能的に同じことから、
enum/structではstaticを使う。
・classでも基本的にstaticを使い、overrideが必要な変数/メソッドの場合にのみclassに変更する。

で良さそうです。

stackoverflowでの議論も参考になりました。
Static vs class functions/variables in Swift classes? - Stack Overflow

Swift3 / Swift2 「型の比較」「型名の取得」まとめメモ

Swiftのバージョン違い情報など、うまく検索に出なかったりしたのでまとめておきます。

型の取得

クラスから型(Class)を取得

// Swift2.x以前、および Swift3(どちらも同じ)
SomeClass.self


インスタンスから型(Class)を取得

// Swift2.x以前
someInstance.dynamicType

// Swift3
type(of: someInstance)


型(Class)の文字列を取得
Stringのイニシャライザに取得したClassを引数として与えます。

// Swift2.x以前
let className = String(targetInstance.dynamicType)

// Swift3
let className = String(describing: type(of: targetInstance))


型の比較

ベースクラス一致

// Swift2.x以前、および Swift3(どちらも同じ)
if someInstance is HogeClass {
    // someInstanceがHogeClassを継承しているインスタンスだとtrue
}


サブクラスまで完全一致

// Swift2.x以前
if someInstance.dynamicType === SubClass.self {
    // someInstanceがSubClassと同じ型だとtrue
}

// Swift3
if type(of: someInstance) === SubClass.self { 
    // someInstanceがSubClassと同じ型だとtrue
}


上記では、===を使用していますが、==でも実行したところ問題が無さそうです。
参考: How to check two instances are the same class/type in swift - Stack Overflow

<補足>
===、!==(トリプルイコール)演算子
a === b でaとbが同じオブジェクト(インスタンスであることを確認できる。

==、!=(ダブルイコール)演算子
a==b が同じであることを確認できる。
is演算子
型チェック(目的のクラスを継承しているか)


スポンサードリンク